MENU

低廉な料金と充分な速度で満足度は高かったWiMAX

ほとんど使わぬ固定電話の月額基本料金の高さに嫌気が差して廃止することに決め、それに伴いADSLも使えなくなるので代替としてGMOとくとくBBのWiMAXを2年と少しの間利用していました。

 

GMOとくとくBBを選んだのはキャッシュバックの大きさに加えてモバイルWiFi端末とクレードルのセットが無料だったからです。

 

デスクトップPCとLANケーブルで接続して使うのでどうしてもクレードルが必要だったので無料で付いてくるのはとても魅力でした。

 

しかもネットからの申し込みは必要ですがグローバルIPを振ってもらえました、速度はADSLが常時3MbpsほどでしたがWiMAXは遅い時間帯でもこれと同等で、利用者が減る時間帯はその数倍の速度が出ていました。

 

契約後に気付いたGMOとくとくBBならではメリットもあります、支払い方法はクレジットカードだったのですが、事前にBBウォレットという独自のシステムにチャージをしておくと月額料の支払いは優先的にそこからされることです。

 

私の給料日は毎月5日、一方のカード利用料の引き落としは毎月27日、他の支払いもあるので万が一の残高不足で引き落としがされなかったらどうしようという不安を給料日直後のチャージで次回のWiMAX利用料金はしっかり確保されるのがよかったです。

 

届いたモバイルWiFi端末はNECのAterm3800R、公称値よりも若干バッテリーの持ちは短かったようですが使用期間中全くトラブルはなく、端末本体のアップデートは2度行いましたがこれも全く問題は起きませんでした。

 

最初のうちWiMAXとAterm3800Rとの環境ではIP電話利用時にサーバーにレジストされない事象に戸惑いましたが、サーバーの末尾に「:5060」とポートの指定を付けることで回避できました。

 

キャッシュバックはGMOとくとくBBから送られてくる振り込み用の銀行名と口座番号を求めるメールさえ見逃さなければ約束通りに振り込まれましたし、解約は2年以上を経ていたのでモバイルWiFi端末とクレードルの返却も不要できれいに解約できました。